2006年05月03日

05/03-2 憲法って良くするために変えてはいけないの?

 そう考えるのは私だけ?

 憲法記念日です。

 私がいつも気になるのは、憲法は良くするためにも改正してはいけないの?ということです。
 良くあるお話。
 憲法改正というと、9条。
 改正して自衛隊を解釈ではなく、明確に合憲化しようというもの。
 一方で、それを阻止しようとする動きも・・・。

 ここでいつも思うんです。

 解釈なんかで運用できないように、9条をもっと明解な形の条文に改正してはいけないのかと。
 そうすることで解釈という技が封じられるのは避けるべき、というのなら話は別ですけど。

 そのことは別にしても、改正自体が悪、という雰囲気はどうかと思っています。

 確かに、一度改正を認めれば今後、改正に歯止めがかからなくなるという心配はあると思います。
 ですが、昨今の個人情報保護に関連して、プライバシーに関する条項を加えて権利を明文化するなど、必要性はあると思います。

 法律の裏にある尊い思いを具現するのは、より良い条文だと思うのですが・・・。

何か感じるところはございました?
人気blogランキングへ
私以上に深くお考えの方でした?
ブログランキング にほんブログ村
どうでもいい!というのは無しで。
人気ブログ検索 - ブログフリーク
ありがとうございます。
posted by akannon at 21:57| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事も含めて社会派っぽく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17352102

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。