2006年04月26日

04/26 終わらない負の遺産―チェルノブイリ―

 解決には、足りません。

 とうとう、チェルノブイリの事故から20年が経ちました。

 これに関連して、新聞やTVでも特集が組まれています。
 私は読売新聞で3回の連載記事「チェルノブイリ 負の遺産」を読んでいます。

 国からの支援が足りず、汚染された土地で作物を作る人々。
 正直ぞっとしますが、それでもそうしないと生活できない現実。

 私が以前から関心があったのは、消火作業に当たった消防士や兵士の被爆です。
 この記事でも2日目(4/25)に取り上げられていました。

 この記事で取材を受けた方は、僅か5キロ地点で布マスクで作業を強いられたそうです。。
 ・・・防護服やガスマスクではなく。
 当然、障害を持つようになり、現在では年金生活に入っているのだとか。

 それでも、この方はいい方で・・・。
 確かにあの事故から間もなく、新聞の社会面で、小さな記事を見つけました。
 上空から消火用の砂を撒いたヘリコプターのパイロットが、放射線障害で亡くなった事を。

 その地域に住んでいて被爆した子供たちも、もう親になる頃です。
 生まれてくる子供たちに障害が無いかどうか、そちらも心配です。

 時間が経過したのに、解決されていないなんて、悲しいですね。
 せめて被爆者の生活の保障だけでも、と思っても国家の経済力が追いつかないなんて・・・。

↓宜しければ、お願いします。
人気blogランキングへ
あの、こちらも。
ブログランキング にほんブログ村
すみません、実は・・・。
人気ブログ検索 - ブログフリーク
ありがとうございます。
posted by akannon at 23:59| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 時事も含めて社会派っぽく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

03/18 本紹介シリーズ;瀧澤一郎:ソビエト大横断一万四千キロ―バイクで走った、見た、話した
Excerpt: ロシアを横断するとしたら、何にしますか。 人によっては、たまたま飛行機で通過しているかもしれません。 それともシベリア鉄道でしょうか。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹、前へ!
Tracked: 2006-05-03 20:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。