2006年03月15日

03/15 ロシアへ愛を込めて

 ちょっとだけでも、出来ることがあれば。

 以前にも書いたかもしれませんが、今年は日露間の交流を活発にするためのイヴェントが多いそうです。
 これは日ソ共同宣言(1956年12月)から50年という節目の年に当たるからだそうです。
 そこで私も少しだけ、協力できれば。
 まず、「ぶぎっちょ軍曹の音楽記」でロシア物を積極的に取り上げようかと。
 他にも、こちらでネタを出していこうかと。

 では早速ネタを。
 実は、ロシア人にはミドルネームがあります。
 例えばプーチン大統領。
 フルネームはウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチンです。
 このウラジーミロヴィチというのがミドルネームですが、これは父称といいます。
 お父さんの名前が付いています。
 彼のお父さんは彼と同じで、ウラジーミルです。
 言ってみれば、「ウラジーミルさんのところのウラジーミル」という感じでしょうか。
 ですので、調べてみると面白いですよ。

 ではまた。
 До свидания!

追記(2006/06/29 22:39:00)
本当のところ、ロシアとソヴィエトはイコールで結ばれるものではありません。

厳密に言えば、ショスタコーヴィッチは時代からしてソヴィエトの作曲家です。
それにハチャトゥリアンはグルジア出身のアルメニア人ですのでロシアではない、ということになります。

ですがここでは日ソ共同宣言によって、当時ソヴィエトを構成していた15の共和国全てと関係が回復したとみなします。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

3/22-2 M.P.ムソルグスキー(M.ラヴェル編曲):展覧会の絵
Excerpt:  ムソルグスキーには建築家にして画家の友人がいました。ムソルグスキーは追悼展覧会にて目にした一連の作品を曲にすることで、今は亡き友への思いを表しました。しかもそれを、自分自身が歩いて巡る展覧会にして。..
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:14

03/15-2 A.P.ボロディン:交響詩(交響的絵画)「中央アジアの草原にて」
Excerpt:  化学・医学教授を生業とした作曲家、ボロディン。  一般的にオリエンタリズムが広まっていたロシアで、特に彼はその傾向が強かったと言われています。  それには、彼がタタールの王家の血を引いている事も影響..
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:14

12/15-2 D.D.ショスタコーヴィッチ:タヒティ・トロット
Excerpt:  ショスタコーヴィッチというと、交響曲第5番などから、堅苦しいとか重苦しいとかいう印象が強いかもしれません。ですが、実際はそうでもありません。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:15

08/15-2 A.ペルト:ベンジャミン・ブリテンのための追悼音楽
Excerpt:  アルヴォ・ペルト(1935〜)は旧ソヴィエト連邦のバルト3国のひとつ、エストニアの出身。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:15

08/14-2 S.V.ラフマニノフ:交響曲第2番
Excerpt:  生前はむしろピアニストとして高名だったラフマニノフ。彼が残した3曲の交響曲のうち、この2番が有名です。何かと、映画やドラマでも使われることが多いようです。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:17

07/20-2 N.カプースチン:24の前奏曲
Excerpt:  クラシックとジャズの融合。ガーシュウィンをこう評する事はよくあります。しかし、このカプースチンもまた、同様の成果を上げています。ロシアのガーシュウィン、と呼ぶにはあき足らないと思われます。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:18

07/03-3 A.I.ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲ニ短調
Excerpt:  ハチャトゥリアンといえば「ガヤネー(ガイーヌ)」の「剣の舞」がとても有名ですが、交響曲からピアノ曲まで幅広い作曲活動をしていました。その才能はこのヴァイオリン協奏曲にも表れています。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:19

07/07-2 S.V.ラフマニノフ:交響詩「死の島」
Excerpt:  スイスの画家ベックリンの作品に同名の絵画があります。そこには死人の棺を乗せた小船が、暗雲立ち込める死の島に向かう様子が描かれています。そのモノクロの複写を見たラフマニノフは、この曲を思い立ちました。..
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:20

06/25-2 P.I.チャイコフスキー:弦楽セレナーデ ハ長調 作品48
Excerpt:  曲名で書くとさっぱり分からないかもしれません。冒頭部分はとある人材派遣会社のCMで流れていて、おなじみの曲です。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:21

06/18-2 P.I.チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲
Excerpt:  チャイコフスキーと言う作曲家は交響曲やバレエ音楽など、多岐にわたり有名です。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:23

06/15-2 D.D.ショスタコーヴィッチ:交響曲第11番「1905年」
Excerpt:  20世紀を代表する作曲家の一人、D.D.ショスタコーヴィッチ。この「1905年」とは、歴史の教科書にも登場する「血の日曜日事件」のあった年であり、この曲もそれを題材としています。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:26

06/08 A.P.ボロディン:歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」
Excerpt:  合唱のある部分は「ストレンジャー・イン・パラダイス」という曲としても有名なこの曲、車など色々なCMでもよく使われています。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:27

06/04 P.I.チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
Excerpt:  クラシックを聴かない人にもその名を知られている作曲家、チャイコフスキー。玄人受けは悪いようですが、その作品は素晴らしいものです。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:28

05/31-2 S.V.ラフマニノフ:ヴォカリーズ
Excerpt:  ラフマニノフの曲には陰影というか哀愁というか、はたまた憂鬱といった物が漂っている場合があります。私が彼に持っているイメージを色で表現するなら、黒。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:29

05/27-2 M.P.ムソルグスキー:交響詩「禿(はげ)山の一夜」
Excerpt:  ムソルグスキー。「展覧会の絵」を書いた人、といえば分かりやすいかも知れません。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:30

05/22-2 S.S.プロコフィエフ:交響的物語「ピーターと狼」
Excerpt:  子供のために書かれた曲というのは色々あります。もちろん、聴いていて楽しい曲というだけでもいいのかもしれませんが、楽しいお話が付いていれば、より楽しいですよね。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:31

05/18 D.D.ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番(「革命」)
Excerpt:  一部の方々から「待ってました〜」という声が上がりそうです(ホラ、そこの金管の人、興奮しすぎないで!)。あまりクラシックを聴かない方でも聴いたことがあるかもしれません。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:32

05/16-2 S.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番
Excerpt:  映画やTVドラマなどでよく使われる名曲です。断片的に聴いた方も多いと思います。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹の音楽(おんらく)記
Tracked: 2006-06-29 22:33

03/18 瀧澤一郎:ソビエト大横断一万四千キロ―バイクで走った、見た、話した
Excerpt: ロシアを横断するとしたら、何にしますか。 人によっては、たまたま飛行機で通過しているかもしれません。 それともシベリア鉄道でしょうか。
Weblog: ぶぎっちょ軍曹、前へ!
Tracked: 2006-06-29 22:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。