2006年03月20日

03/20 就くべきものは?

 日本にもあっていいのかも。

 とうとう、WBCの決勝が明日ですね。
 チームの皆さん、ご活躍を期待しております。

 しかしまあ、同じ相手に3度目で勝つ。
 勝利への飽くなき執念が勝ったと信じたいです。
 間違っても、気が緩んだからだとは思いたくないです。
 徴兵免除の決定によって。

 人気絶頂にありながら兵役に就いた俳優さんがいた一方で、これはどうかなという気もしますが・・・。
 国と時代は違いますが、プレスリーも兵役に就きましたよね。

 徴兵制で兵役を課す、というのはどうかと思いますが。
 若いうちに社会奉仕(福祉)を義務化、というのはいいと思いますけど。

 職業や技術の訓練にもなるし、労働力にもなる。
 それに、徴兵の持つ意味の一つ、公の為に奉仕するということも学べる。
 ドイツでは、兵役か良心的な理由で兵役を拒否したら代わりに社会奉仕、となっているはず。
 
 私は今から就けと言われたら、喜んで。
 別に職にありつけるからではありませんが(笑)。
posted by akannon at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事も含めて社会派っぽく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。